キリスト教葬儀

キリスト教葬儀の流れ

キリスト教の葬儀の流れ

 

キリスト教の葬儀の流れは、危篤または臨終から始まります。
続いて納棺の際、牧師・神父による儀式が行われ、喪主を決めて前夜式(通夜)を執り行います。
その後葬儀、告別式を執り行い、献花、出棺、火葬、納骨になります。
流れとしては、日本で行われる一般的な葬儀と似ています。

 

 

まず葬儀当日、参列者は教会へ集合し、式次第をもらいます。
開式までは特に決まりありませんので、自由に過ごしてかまいません。
ご遺族との会話をしたりします。故人との思い出を語り合う友人同士も見られます。

 

葬儀会社や教会によっては、故人の思い出のアルバムを展示したり、
故人を懐かしむことができる演出を施すこともあります。

 

葬儀が始まったら着席し、牧師・神父の案内に従います。
プランによってはオルガンやピアノなどの生演奏、ゴスペルや聖歌隊による合唱があります。
このときに使われる曲は、故人の好きだった曲などを、遺族や教会スタッフが選び、事前に決めておきます。

 

その後、牧師による故人の人生の懐古、聖書の解説、説教を行います。
終わると一人ずつ花を一輪献花し、棺の上に花を手向けてきれいにします。
それから、棺の中に、祭壇にあった花、故人の思い出の品などを入れ、最期のお見送りの準備をします。
この辺りで、喪主による代表挨拶があります。

 

 

キリスト教葬儀での火葬

 

日本は火葬になりますので、このあと棺の蓋を閉め、出棺します。
残された者にとっては悲しい気持ちがあふれてくるものですが、
キリスト教の葬儀は、故人が天に召されたことを想うものだという信仰を持って臨みたいですね。

 

→ キリスト教 火葬

キリスト教葬儀記事一覧

キリスト教葬儀の実例をご紹介します。ここでは、キリスト教専門の葬儀社の葬儀プランをご紹介いたします。一般的なのはスタンダードプランです。スタンダードプランは故人の遺族、友達、同僚や上司など、故人と生前付き合いのあった人が故人を囲む形になります。神様から与えられたものや、人と人との絆に感謝し、故人が天国へ旅立ったときに希望が持てるプランです。近年、すっかり定着したのが家族葬です。故人様が90歳以上の...