キリスト教 葬儀

キリスト教葬儀の費用や葬儀社をご検討中の喪主様へ

キリスト教葬儀費用葬儀社をご検討中の喪主様へ

 

キリスト教葬儀の喪主を務めることは一生に1、2度しかないので、やり方が分からなくて当然です。
また、「実際にやってみると、しなければならないことが多くて大変だった」というお客様の声が多いです。

 

なので、当サイトでは、喪主様に必要な役割を解説し、少しでもお役に立てるようにサポートさせていただきます。

 

→ キリスト教葬儀社

 

 

キリスト教葬儀の喪主様に必要な役割とは?

 

喪主様の役割の中でも特に重要なのが、参列者へのご挨拶や礼状になります。

 

「故人様のために参列して下さったお一人おひとりにご挨拶し、感謝を伝えること。」
これは葬儀当日の喪主様のもっとも大切な役割であり、式全体の印象を形づくります。

 

もちろん、式場を手配したり、参列者の席順や返礼品を決めたりなど、事務的なことは多々ありますが、
そのような事務的なことは葬儀社を大いに活用して下さい。
煩わしい種々雑多なことは葬儀社が代行しますので、喪主様は、喪主様にしかできない重要な役目に
集中した方が、ご遺族にとっても、参列者にとっても、かけがえのない大切な時とすることができます。

 

→ キリスト教 葬儀

 

 

キリスト教葬儀の流れ

 

臨終

納棺

前夜式

葬儀

出棺

火葬

納骨

 

 

キリスト教葬儀の全体の流れとしては日本で行われる一般的な葬儀と同様です。

 

キリスト教式の特徴は、聖書の神さまを信仰し、イエス・キリストによる贖いのゆえに、
故人様は天の御国へと召されるという確信があることです。

 

教会に所属している方はもちろん、現在は教会に所属していなくても過去に洗礼を受けた方という方や、無教会主義の方、あるいは、故人が賛美歌が好きだったのでキリスト教式で葬儀をしてもらいたいという方でも、ぜひご相談下さいませ。

 

天国への希望と神さまによる慰めに満ちたキリスト教葬儀のために、真心を込めて奉仕させていただくことを目的としております。

 

出典:キリスト教葬儀

 

 

キリスト教葬儀の費用とプラン

 

ここでは、一般的なキリスト教葬儀のプランをご紹介させていただきます。

 

 

教会や公営斎場での家族葬・葬儀  55万円〜

 

民営斎場での家族葬・葬儀        85万円〜

 

 

キリスト教葬儀にかかる費用には、@葬儀社料金、A式場料金、B火葬料金、C牧師謝礼があります。

 

「キリスト教葬儀ガイド」限定プランでは、葬儀社料金が、火葬式16万円、一日葬30万円、二日葬35万円にて、クリスチャンのスタッフによるキリスト教専門葬儀社が奉仕させていただきます。
引用:キリスト教葬儀 費用

 

 

お見積もりの依頼をしていただければ、明確な費用が提示されます。

 

直葬、あるいは社葬も行うことができます。

 

→ キリスト教葬儀 費用

 

 

会葬礼状の作成代行サービス

 

会葬礼状の作成代行サービスを行っている葬儀社もあります。

 

会葬礼状といえば、文例集などのテンプレートから学んでアレンジをすることが多いと思いますが、
一般的な文例は仏教的な表現が多く、クリスチャンの信仰とは異なることが多いです。

 

また、キリスト教の文例があったとしても、多用されている文例で、他のキリスト教葬儀の場合と
ほとんど同じ礼状になってしまうことが多いです。

 

そこでキリスト教葬儀社では、オリジナルの会葬礼状の作成をサポートさせていただきます。
故人様への想い、思い出に残るエピソード、神さまの恵みなど、
故人様とご遺族の大切な記憶や出来事を織り交ぜることによって、感動が何倍にも膨らみます。

 

 

天の神さまの御許へ召されたことの記念としてのキリスト教葬儀が、
ご遺族にとっても、参列者にとっても、かけがえのない時となるよう、
オリジナル会葬礼状をお用い下さい。

 

 

そもそも、キリスト教葬儀とは?

 

→ キリスト教葬儀

 

天の神さまの御許に召されたことの記念

 

キリスト教の葬儀は、仏教と違って、故人様が天に召されたことを記念する意味があります。

 

仏教の場合は、故人は成仏して極楽に行く、あるいは輪廻転生をしてどこにいくか分からない
というような教義です。

 

それに対して、キリスト教の場合は、救い主イエスさまによって天国へ召されるという希望があります。
また、生前の神さまの恵みを想い、命の尊さや、人と人とのつながりの大切さを改めて知ることができます。

 

 

グリーフケア(悲しみの癒し、慰め)

 

キリスト教の葬儀は、グリーフ・ケアの観点からも重要です。

 

大切な人がいなくなるのは、誰にとっても辛く、悲しいことです。
キリスト教の葬儀は、残された人たちの悲しみを癒し、和らげるためでもあります。

 

悲しみをしっかりと受け止めることなく、心の中に閉じ込めたままにしていると、
トラウマとなって深い傷が残ってしまいます。

 

つらさに寄り添い、神さまによる慰めを受け、愛すべき人と離れ離れになった
気持ちをケアする意味を持っています。

 

もしも、火葬式でのお祈りなど奉仕をしていただける牧師が身近におられない場合、現職のキリスト教会の聖職者が出張して奉仕させていただきます。

 

老人施設に入ってから教会と疎遠になってしまった方や、若い頃にキリスト教の洗礼を受けたので葬儀もキリスト教式で行って欲しいという方、あるいは、故人が賛美歌が好きだったのでキリスト教式で送ってあげたいという方が、数多くご依頼をされております。

 

出典:キリスト教 火葬

 

 

永遠の救い

 

肉体の死は終わりではありません。
進化論や唯物論者は、人間の死後は無だと言います。

 

しかし聖書には、永遠の世界のことが書かれています。
イエス・キリストの十字架の贖いを信じて受け入れる者には、永遠の命が与えられて、
天の神さまの御許でとこしえの平安と喜びの生活ができることが約束されています。

 

イエス・キリストによる救いを心から信じ、天地の主である神さまを礼拝することが、
キリスト教葬儀の最大の特徴です。

 

適正価格と明瞭会計を心がけ、急なご依頼にも迅速にご対応させていただきます。
キリスト教式での葬儀をご希望されておられる方は、ぜひ復活社へご依頼下さいませ。
引用:キリスト教葬儀社

 

更新履歴

楽相互リンク インターネットFAX 看護師の求人と転職 看護師転職 看護師 募集